Work

お金が無い時にしていたこと

 


私は何度かお金に困ったことがあります。今日はそんなときにどのようにしていたかということを書いていきたいと思います。

【ユーチューブの動画を見てテンションを挙げていました。特に自己肯定感を高めるものです。】


私がお金に困っていた時に一番よくしていたことは、ユーチューブでお金に関することを見たり、自己肯定感を高めるような動画を何度も繰り返し見ていました。そして、自分の中のお金がないという気持ちを少しずつ和らげるようにすることを心がけていました。

【自分はお金があるということを意識していました。】


私は「お金がない」と思っているとどんどんなくなってしまうと思っていましたので、「お金があるんだ、生きられるくらいのお金あがあるんだ」ということを意識しました。そうでなければいろいろなことに対して悲観的になってしまってとてもつらかったので、あるということを大事にしていました。

【家の中にあるものの値段を考えてみて、それを数えていました。】


そして私は家の中で売れるものはないかということを常に感が手えていて、家の中で売れるものがたくさんあればたくさん売っていって、それをたくさんためていきました。そうして少しずつですが貯金を殖やしていったので、家の中がすっからかんというかとてもすっきりしました。断捨離をして捨てるよりもモノを売って少しでも値段が付いたほうが自分もうれしいと思ったのでそのようにしました。よかったと思います。

【自分はこんなに買うことができていたんだ!という幸福感を思い出すようにしました。】


私はこんなに買うことができていたんだということを、自分の家の中のものを見て思い出すように心がけました。どうしてかというと、モノにあふれているといろいろな気持ちが混ざってしまっていろいろと大変な気持ちになってしまうことが多いのでそういったことを紛らわすように、これはこのくらいの金額で確か買ったよな、私はそんなにお金を持っていたのだよな、ということを考えるようにしていました。そのほうがないないと思っているよりも気もちの持ちようが違いました。

【家の中のものを売っていきました。】


私はそうやって家の中のものをどんどん売っていって、自分の貯金額を増やしていきました。途中でいろいろとほしいものがでてきても、少し我慢するということをしていました。そこまで物欲は強くないですが、やっぱりお金がないときというのは極力お金を使わないということを心がけていました。そのほうがすぐにたまっていったのでよかったと思います。

【メルカリを有効活用しました。】


私はメルカリがあって本当に助かりました。その理由は、メルカリでたくさんのものが売れているからです。メルカリは出品作業もとても簡単ですし、すぐに写真を撮影してそれを売ることができるので、とても楽でした。私はあまり凝ったものをするということが難しいというか苦手なので、とても簡単にできるということがとても良かったです。そして、私は300円からというところも良かったと思います。その理由は、結構300円で出品しているといろいろな人がすぐに買ってくれるからなんですよね。とても良かったと思います。結構私は300円で出すことが多くて、いらないものなのですぐに売れたことがとても良かったです。最終的に手元に残るのは本当に微々たる額ですが、それよりも手元に残るということがとても良かったですので、塵も積もれば山となる精神でやっていったことがとても自分のためにもなりましたし自分が成長したかなと思いました。結構助けられたというか、私はコツコツとすることがとても大事だということを感じたので、続けていってよかったと思っています。

【食材は実家を頼りました。】


私はお金に困っていた時に、食材をなるべく送ってもらうようにしていました。どうしてかというと、やっぱり食費は結構かかると思いましたし、なるべくなら抑えたいと思ったからです。なので、なるべく抑えるようにと思ってそのようにしてもらっていました。究極の方法は、一日に一色しか食べないということもいいかと思いました。

【自炊をたくさんしました。】


そして、私は自炊をたくさんしました。今までそんなにしなかったですし、そんなにお金のことなんか気にせずに外食にどんどん行っていたのですが、それが良くなかったのだと思います。その理由は、自炊をすることによって、いろいろな料理を勉強できるし、自分のためになるということがわかりました。結局のところ私は自分がやりやすい方法で行うことが良かったのかなと思いました。

【まとめ】


今日は私がお金がないなと思っていた時に行っていたことを書きました。実際にお金がないと困ってしまいますが、やっぱりモチベーションというのはとても大事だと思います。そして頼るときは周りを頼るということも大事だと思いました。参考になれば幸いです。

-Work

Copyright© ホワイト☆ラブ , 2021 All Rights Reserved.